借りるための審査基準

金融商品の一種であり、借入をする以上カードローンにも当然審査が存在します。審査において最も重視されるのが返済能力を備えているかどうかであり、カードローンの特徴として無担保で金融会社はお金を貸す以上、どの商品であってもしっかりと審査が行われます。

 

審査の基準も復数あり、どれか1つが駄目だから審査に必ず落ちるのではなく、復数の審査基準から総合的に与信判断がされます。具体的にそれらの審査基準を挙げていくと、まず仕事をしているかどうかという点は非常に重視されるポイントです。

 

カードローンの審査は前述のように返済能力を見極めることにあるため、定職に就いて働いている方が俄然審査においては有利です。また仕事の内容や勤務している会社、勤続年数なども考慮されます。特に公務員や大企業のような安定した勤務先の場合は、融資額なども最初から高くなりやすい傾向にあります。

 

また住まいが持ち家かどうかも、カードローンの審査基準の1つです。財産の1つとして返済能力に影響しているためです。これ以外にも他社の借入状況や申し込み状況、さらに金融事故の有無なども審査において考慮されます。

 

カードローンの審査基準はこのように復数設けられているため、申し込み前に申請書類などに不備がないかなどをチェックした上で、1つの審査基準に囚われずに正直に申告することが大切です。

 

審査の基準は金融機関の規模にもよって変わるもので、メガバンクからの借り入れとなるみずほ銀行カードローンの審査は、消費者金融と比べると厳しくなっていると言えます。